本サイトでは「ファクタリング」を利用するにあたり必ず押さえておいていただきたいポイントをわかりやすく紹介しています。
そのため、その利用を検討している方はもちろんのことすでにその利用を行っている人にはぜひ読んでいただきたい存在です。
具体的な紹介内容としては、その手数料の相場から調査時のポイント、審査にどのくらいの時間がかかかるかの目安、返済時の注意点から国際定義のサービスがどのようなものかまで多岐にわたります。

ファクタリング手数料の相場

ファクタリング手数料の相場 「ファクタリング」を利用するにあたってはその手数料の目安を知っていることが重要です。
その相場をわからずして資金調達を達成することは難しいためです。
そんな「ファクタリング」は会社の規模が大きい方が会社の信用力は高いと評価されるため、その手数料が低くなる傾向にあるなどその条件が変わってきます。
それゆえにその手数料を提示することは難しいと言えます。
ただし売上高規模ごとにその目安を調べると、5千万円未満の場合は「20%」ほど、1億円以上の売上がある場合は「15%」ほど、その間の売上を誇る場合「18%」位のイメージを持てばまず間違いありません。
ぜひ参考にリスクのない資金調達を「ファクタリング」で目指してみてはいかがでしょうか。

ファクタリングを利用するときの手数料はどれほど?その内訳は

ファクタリングを利用するときの手数料はどれほど?その内訳は 中小企業に人気のファクタリングは、売掛債権を買取る形で現金化できるので資金調達のとき便利です。
ファクタリングには2社間と3社間があり、手数料が安いのは3社間ですが、これだと資金繰りが大変ということが知られてしまいますので、2社間を利用されることが多くなっています。
2社間の場合の相場は10~30%で、3社間は1~5%が相場と考えられています。
例えば1ヶ月先に入金される100万円の売掛金があった場合、手数料20%を支払うことですぐに残りを現金化することが可能ということになります。
手数料の内訳としては、会社登記・ファクタリング会社の人件費・紹介料・印紙代で、ほとんどを占めるのが司法書士に手続きを依頼した際に発生する登記費用です。
登記費用は債権譲渡登記及び抹消登記事務代行報酬と債権譲渡契約書作成事務代行報酬になります。
固定的なものとして必ずかかるものは、債権譲渡契約書印紙代200円・登録免許税7,500円・登録免許税1,000円・登記事項証明書交付費用500円・振込み料金100~864円になり、1万円前後の費用がかかることになります。
会社によってはこれに交通費や日当を含めてかかる場合もあり、このあたりは確認しておくと安心です。
なおこのときかかる費用は融資ではなく、金銭債権の譲受けに相当しますので非課税になります。